転職成功の秘訣
 

転職成功の秘訣

ちょっと待った!転職成功を目指す前に、あなたに転職は必要か?
あなたはなぜ転職したいのですか? そして何のために転職したいのですか? 自己分析をしっかり行い、将来のビジョンを明確にしないまま転職しても納得のいくキャリアは築けません。

転職成功には、まずは自己分析

 最近、転職というものへの抵抗感が薄らいでいるのか、短期間に幾度となく転職を繰り返す人が増えています。止むを得ない場合はともかく、自分のイメージ通りの仕事を探し当て、転職に成功した人が、1、2年くらいするとまた転職を考えるとはいうのはどうでしょうか。こうした転職を繰り返してしまう人たちの大部分は、“転職する”という意志を固める際の自己分析が不十分だったといえます。

 まず、転職を考えるようになった問題点が、会社を辞めることで、あるいは別の会社で働き出すことで解決するのかどうかを深く掘り下げていないと思われます。転職成功のために大切なのは新卒の時と同様に自分がどんな長所・短所を持つどんな人間で、自分にとって何が得意・不得意分野なのかをこれまでの実績と潜在能力に分けて割り出すことです。同様に自分の将来をどうしていくためにどういう会社の、どういう職種を選んで成功したいかを論理的に明らかにすることです。この結果、転職動機から志望動機まで一本の線でつながれば、あなたのやるべきことはただひとつです。

転職成功のために、あなたの中の答えを一緒に探し出しましょう

 ところが、こうした自己分析が中途半端であったり、主観的であったりすると、以前勤めていた会社に未練が残ったり、新しい会社がすぐに嫌になったりといつまでも転職の呪宸から逃れられなくなります。もちろん、なかなか自分ひとりの力では、難しい作業だということもわかっています。だからこそ私たち人材バンクの存在意義があるわけですが。つまり転職成功のためには、「会社を辞めようかどうしようか悩んでいる」という段階から人材バンクに登録し、コンサルタントに相談すればいいわけです。その段階でその人がどう考えるべきか、その考え方そのものを私たちは教えることができるからです。場合によっては転職は不要だと、現在勤めている会社への残留を示唆することもあるでしょう。

 どんなカタチでも転職はその人のステップアップにつながるものであってほしいですから。一見すると人材バンクのビジネスに反しているようですが、1、2年で辞めてしまうような人材をクライアントである求人企業に紹介すること自体、申し訳ない話です。最後になりましたが、あなたが転職すべきかどうかという答えは、あなたの中にあります。その答えを探しやすくするためのお手伝いもまた、人材バンクの役割といえます。

転職成功の秘訣

転職成功の理由、転職失敗の理由

 何をもって、その転職が成功か、失敗か。これは転職の目的にもよるし、達成度(妥協度)にもよるし、転職者の個々の感じ方にもよるもので一概に決めることはできない。ただし、転職に失敗したと実感している人の多くは、自分自身の生き方や将来のビジョンを反映させていなかったケースが目立つ。そして、幾つか挙げられる転職理由にきちんとした優先順位を決めていなかった場合が多いのだ。

 あるエンジニアは、スキルアップを図るために最先端の技術分野に触れられる職場を求めた。少々、給料が安くなっても、勤務地が遠くなっても構わないと考えた。また、ある営業マンは家族との生活をもっと大切にするために転勤や出張の多かった大手商社を捨てることにした。課長というポストを手放しても構わないと考えた。この二人の転職成功者に共通しているのは、転職によって達成すべき目的が明確であり、しっかりと人生を見据えている点である。これならば迷いが生じることもないし自分自身、納得のいく転職が可能である。

 ところが、「給与が安い」「残業が多すぎる」「上司に我慢できない」といった自分が現在置かれている職場環境から逃げ出すための転職、不景気が引き起こす将来への根拠のない不安から解放されるための転職は少し違う。こうした漠然とした不公平感は、自分の能力と仕事というものに対する自分なりの基準、価値観を持っていない場合が多いため、新しい職場に移っても同じ事を考え、転職を繰り返す可能性が高いと言える。転職を成功に導くのであれば、まず初めに自分の生き方、人生設計を組み立てることから始めよう。

 当面は5年、10年先くらいで構わない。大好きな趣味の世界を生活の中心に置き、仕事は食べていけるくらいの収入があればいいという考え方も良し。いずれは物書きになりたいので、小説のテーマになるような仕事内容がいいという考え方も良し。**歳までに1,000万円貯めて、3年くらい海外に留学したいという目標を持つのもおおいに結構。その上で、今の仕事、会社を捉え直してみればいい。

 現状でも自分らしい生き方ができる、目標を達成できるとなれば、あえて転職する必要もない。このように人生の目標が定まれば、何故自分が転職をするのか、転職すべき理由が明確になってくる。さらにはどんな仕事、どんな会社を選ぶべきかということも、そこから自然と導き出されるはずだ。転職を成功させる理由とは、自分との対話の中から生まれるものなのである。