転職成功の秘訣/自己PRの方法
 

自己PRの方法

転職における自己PRにおいて、ここでは自己PR書の書き方について紹介します。
自分らしさを伝えよう!
転職はあくまで自己実現のためのひとつの手段。目的ではない。行動に移す前に、「何のために転職するのか?」をじっくり考えよう。

転職における自己PR書で+αを売り込め!

 本来ならば、転職の際に求人企業に提出する書類は、履歴書および職務経歴書で事足りるわけです。ただし、求人企業が知りたいと思っていることはキャリアやスキルにとどまりません。たとえば求職者の人間性についてもできるだけ理解し、社風にフィットする人かどうか、配属先の直属の上司と折り合うかどうかなどを判断したいと企業は考えています。

 もし、ここで履歴書・職務経歴書以外に、自己PR書を提出していたとしたらどうでしょう。他の人にはない特徴や過去の体験、生き方や思想、信条など、自分を売り込むプラスαの話題を披露することができたらどうなるでしょうか。通常、企業面談は届いた書類をベースに進行します。また、1回の面談に費やす時間も限られています。こうした条件の中で、自己PR書を提出した求職者は、自分という人間を最大限アピールすることができます。転職における自己PR書で、中身の濃い面談になること請け合いです。

転職における自己PR書でライバルと差別化!

 このように転職での自己PR書作成の目的とは、スキルのみならず、その求職者の人物を判断する材料を提供し、求人企業とのコミュニケーションをさらに深めることにあります。ですから、必要書類に自己PR書が含まれていない求人企業であっても、自主的に用意すれば転職意欲が企業に伝わりますし、面談も有意義なものに変わります。何よりも他の応募者との差別化につながります。

自己PR書で、ぴったりな企業が見つかる

 それともうひとつ。通常、人材バンクに求人依頼を寄せてくれるクライアントは、お付き合いの長い企業が中心です。ですから、バンク側のコンサルタントは、求人企業が欲している人材像を十分に把握していますし、企業理念や企業風土も理解しています。つまり、転職での人材バンクでのコンサルタント面談の段階で自己PR書が用意してあれば、コンサルタントはより求職者に相応しい企業を選び出すことが可能になるというわけです。

転職での自己PR書は自分らしさが伝わるように

 転職での自己PR書の内容についてですが、何も難しく考える必要はありません。以前、私が担当した登録者の自己PR書は、ご自分の趣味がスポーツということで、某プロ野球チームの監督采配をテーマに、自由に意見を述べたものでした。その方は、結果的に採用されましたが、転職の面談では随分と話が弾んだそうです。

 転職での自己PR書は、とにかくその人が何に興味を持ち、あるいはどんな体験をし、それについて自分はどう考えたか、感じたか。それが伝われば、テーマは何でも構わないと思います。むしろ、“自分らしさ”を伝えることに一番のポイントを置くべきではないでしょうか。

転職成功の秘訣

転職での自己PR書は、求人企業に自分を知ってもらうためのコミュニケーション・ツール

 初対面の相手同士が互いを理解し合う場合、十分な会話や行動を通じてコミュニケーションを図るしか方法はない。その過程で、相手の生き方や考え方に感動したり、ユーモアやセンスに人間的魅力を感じたり、どこかのタイミングで共通の価値観を発見したりしながら人間関係を深めていくわけである。

 ところが、転職での面談という限られた時間と空間の中で、求人企業と求職者がお互いを理解し合う場合、一般的な手続きを踏んではいられない。だから求職者は、事前に履歴書や職務経歴書などの書類を提出するわけだし、場合によっては適性検査や能力テストを受けることになる。もし、人材バンクが介在していれば、コンサルタントから推薦コメントを伝えてもらうことになるわけだ。裏を返せば企業側は、採用・不採用の可否を決める判断材料ができるだけ欲しいということである。

 しかし、こうしたステップをいくら踏んだところで、あなたの人間的な魅力まで伝わるものではない。数字等のスペックでは表せない能力や経験だってあるはずだ。だからこそ、もうひとつの判断材料として、自己PR書を提出しておくことが、求人企業に自分をより知ってもらう有効な手段となるわけだ。

 極端な話、自分がいかに趣味を愛していて、その趣味に対する熱中ぶりを紹介することで面接官を驚かせてもいい。自分の将来の夢を語り、夢を叶えるために生き方を変えたという話で、行動力を訴えてもいい。あるいは家族を愛していると自負するならば、家族をどのくらい深く愛し、思いやっているかを証明してもいい。自己PR書とは、他人にはない自分、これはと思う自分を企業に伝えるツールなのだから。

 また、転職での自己PR書の提出は、面談をスムーズにする潤滑油にもなる。考えてみて欲しい。お互いが共通の話題を持ちながら進んでいく会話と面談の過程で共通の話題を見つけ出しながら進んでいく会話とでは、どちらがどれほど楽か。会話が弾めば、不思議と堅さも取れて、さらに自分らしさが表現できるというものだ。あるいはその会話から、それまで求職者の気付かなかった企業の風土やスタッフの持つ雰囲気などが掴める場合もあるはずだ。

 つまり、転職では、自己PR書を通じて企業とのコミュニケーションを深めるという行為は、自分の判断材料を増やすことにもつながってくるということだ。納得のいく転職を目指すなら、自己PR書は大いに役立つはずである。