40代の転職体験談

40代の転職体験

このままでいいのか、本当に自分がやりたいこととは何なのか、いろいろなことに不安を感じている40代。仕事へのこだわりやキャリアアップへの意識の高まりから、転職という選択肢を意識する方もいるでしょう。一方、家族を抱えているので、無茶は出来ない、となかなか一歩を踏み出せない方もいるかもしれません。
そこで、40代で転職をした人たちの転職体験から、40代の転職ニーズ、転職成功の秘訣などを探っていこうと思います。

40代での転職ニーズ

結論から言えば、マネジメント能力や管理能力、もしくは高い専門性が求められています。

上場を目指す企業はいつでもありますし、IPO経験者の求人はもちろん、上場に向けた社内整備ということで、経理、財務、法務、人事経理といった管理部署をとりまとめた経験のある人のニーズは常に高いと言えます。逆にいえば、そうした経験のない方の転職は、いささか難しいかもしれません。

IT業界でいえば、SEでも、ただ開発経験があるというだけでは、40代になると厳しいと言えるでしょう。プロジェクトマネジャー、プロジェクトリーダーあたりの資質、経験が求められます。つまり、40代はひとつの専門分野を持っていることに加え、営業能力やマネジメント能力といったプラスαの能力を兼ね備えていることが重要になるのです。

例えば、技術者であっても営業能力が求められることもあります。今はかつてのような、勢いに任せた「イケイケどんどん」の営業は通用しません。顧客のニーズを汲み取り、商品に関するテクニカルな知識も踏まえた提案をする必要があるのです。40代後半以上となれば、ある程度の専門知識・経験は習得しているでしょうから、それに加え営業能力、あるいは人やモノ、プロジェクトを管理運営するマネジメント能力といったものの両方が求められるというわけです。

またその人ならではの「人脈」も重視されます。これは、企業にとっても貴重なものですので、転職者の「ウリ」のひとつとして、十分な価値があるといえるでしょう。

40代の転職で【要注意】 よくある勘違い!

よくある勘違いの1つに、多業界、多職種を経験したという方がいますが、企業はよくは見てはくれません。ひとつの能力を極める、ほかに負けない得意なものがあるとみなされないからです。特に45歳以上になると、長年かけて自分はこれをやってきた、これができるといった、明確に「ウリ」になるものをアピールできなければ転職は難しいと言えるでしょう。つまりキャリアの一貫性が重要視されるわけです。ですから転職回数があまりに多いと、企業側は採用を躊躇されることでしょう。転職ができないとは言いませんが、評価は一貫したキャリアを持っている人よりも低くなる傾向があります。

40代の転職成功の秘訣

40代での転職は、これからの仕事の可能性を広げたり、専門的なスキルを伸ばすことを求められる絶好の機会ではありますが、しかし、40代の転職は失敗することができないと思う不安が伴うのも事実です。そこで40代転職を成功させる秘訣とは何かをまとめてみました。

  • 1.自己分析をしっかりと行う
  • 2.志望動機を明確にする
  • 3.自分に合う会社かどうかをしっかりと見極める


40代の転職成功の秘訣 1 :自己分析をしっかりと行う

自分がこれまで何をやってきて、これから何がしたいのか、どういうキャリアを築いていきたいのか、自分の過去と現在と未来をしっかりと見つめなおすことが成功への第一歩です。友人に客観的に厳しく見てもらったり、人材紹介会社(人材バンク)のキャリアコンサルタントに指摘してもらうことも一つです。

40代の転職成功の秘訣 2 :志望動機を明確にする

志望する業種・職種へのこだわりや、その仕事につきたい理由、なぜその企業を希望しているのかなど、人事担当者を納得させるレベルで明確に答えられるようにしておくことが肝心です。

40代の転職成功の秘訣 3 :自分に合う会社かどうかをしっかりと見極める

個人のポテンシャルや業務内容の不満ではなく、職場環境の変化や人間関係の不一致など 転職理由として増えてきています。WEBサイトの情報だけを頼りにするのではなく、人材紹介会社(人材バンク)などに相談してその企業のカルチャーについて調べましょう。


厳しいとされる40代の転職だからこそ
頼るべきプロのアドバイスが重要です!