転職成功の秘訣/履歴書の書き方
 

履歴書の書き方

履歴書の書き方は非常に重要です。なぜなら書類選考は転職の第一関門。

これを突破するコツはキャリアの棚卸しをしっかりやることと、自分の「強み」、「できること」を具体的に書いてアピールすることです。

転職では履歴書の書き方が自己PRの第一歩

履歴書の書き方で非常に重要なポイントになるのは、志望動機の欄に何を書くかです。スペース限られていますが、具体的に説得力のある内容を記入するように心がけたいものです。「自分のできること」と「求人要件」とを照らし合わせ、自分の経験がその企業の事業の中でどんな役割を果たせるのかを具体的に簡潔に伝え、即戦力として活躍できることを訴えるのがコツです。そのためには、事前に企業の研究をしっかりと行い、さらに自分のキャリアを分析しておくことが必要です。


履歴書の書き方のポイント

印象に残る履歴書で自己を最大限にアピール

転職の第一関門ともいえる書類選考。いくらキャリアやスキルが優れていても、履歴書や職務経歴書の書き方が良くなければ書類選考でふるいにかけられ、面接にたどり着けない。この時点で企業側があなたを知る材料は応募書類だけということを念頭に置き、最大限に自己アピールする内容を盛り込みたい。
履歴書の書き方で注意したいのは、学歴や職歴以下の志望動機欄。ここでいかに好印象を持ってもらえるか、応募への熱意と意欲を伝えられるかが決め手となる。
今日のように選考基準が厳しくなった状況では、特に指定がなくても職務経歴書は添えることは今や常識となっている。意欲面でもキャリアを見てもらうためにも有効といえる。

採用担当者は、履歴書や職務経歴書から何を読みとろうとしているのか。それは専門知識や実務能力だけではなく、応募に対する熱意や意欲に他ならない。それだけに、採用担当者にしっかりと自分を印象づけ、面接という転職の第二ステージへと踏み出すためにも、創意工夫が求められる。
応募書類というとつい内容面に気を取られがちであるが、企業は応募書類から文章作成能力やプレゼンテーション能力も同時に読みとろうとしていることを忘れてはならない。
体裁よく、細かな点まで注意を払いたい。内容面でも何を盛り込めばよいか、事前に十分な準備をして考え抜いてから作成すること。そのためには応募する、しないは別にして常日頃から自分のキャリアの棚卸しをして、「自分に何ができるのか」「何をしたいのか」を整理しておくことが必要だろう。

人材バンクではキャリア診断などのコンサルティングに加え、履歴書や職務経歴書の書き方の指導も行っているので、一度利用してみてはいかがだろうか。